goro.jpg

2017-10

生命誕生までの神秘。 - 2015.03.31 Tue


交配日より30日ぐらいで 「おっ!できてるな。」って分かったコリンちゃん。

それから一週間後には 「3匹は確実?」ってなけっこう立派なお腹になっていた。

その後はお腹を見てなかったんだが、出産予定日の一週間前ふと持ち上げてみると

えええ~?  お腹が小さくなってるぅぅぅ~

想像妊娠だったの? って、思うにはそこまでペチャンコではない・・・。

それまで早産したような形跡もなかったし・・・。

どーゆーこと???



そしてそのお腹はそれ以上大きくなることはなく・・・

だが、きっちり予定日に出産はした。

がっ!

やはり赤ちゃんは普通には育っておらず


DSCN9538.jpg


2匹共 生きて産まれたものの 育ちそうもない極小サイズ。

かろうじて育つ可能性もある65gのオスも口呼吸から鼻呼吸に移行せず

翌日には2匹共、お星さまになってしまった。。。



その昔、お客さん家のめちゃめちゃ太ったポメラニアンが妊娠した時

獣医さんでエコーかけて 2匹の赤ちゃんを確認した。

が、その後お腹が大きくならず再度確認したらいなくなっていたそうだ。

その獣医さんが言うには、太り過ぎでお腹の肉が子宮を圧迫して

赤ちゃんが育つスペースが確保できず子宮が赤ちゃんを吸収してしまったと。

その話を信じられなかった私は、その当時通っていた獣医さんでその話をし

「そんなバカな話ってないよね~」と同意を求めたところ

「あるよ。オレの娘もそーだったもん・・・」って、ゆーワケよ。

はあ? 人間でもそんなことあるのーっ?   って、驚いたけど。。。



その話をふと思い出し、今回の妊娠に照らし合わせて考えてみると

コリンちゃんは全然太ってないけど、体が小さいから頭数が入ってしまうと

育ちきるスペースが無くって1匹~2匹吸収されてしまったってことなのか・・・。

実際に初産で2頭だったときは、普通~に産まれて(1匹は失敗しちゃったけど)

もう1匹はドラえモンと呼びたくなるほど立派に育ったしね



う~ん・・・  お腹に何匹入るかなんて人が調整できることじゃない。。。

自分の体を守るために子宮が子供を調整したんだろうか。。。

なんにしてもプリン家では初めての経験だけど・・・  生命誕生の神秘だわ~。



DSCN9709.jpg




今回は残念だったけど

コリンちゃんは何事も無かったように元気に飛び跳ねてるのでそれが救いではある。


これが 自称大作執筆中といってたもんですわ。(文字数がちょっと多いだけ







一日一回、パソコン・スマホからのクリックお願いしま~す
         
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
にほんブログ村
いつもありがとうございます♪


FC2以外の方はおきてがみ残して頂ければ

後ほど応援に伺います♪

スポンサーサイト

● COMMENT ●

いやはやびっくりです!
自身の身体を守るため?吸収したりするんですね・・・

コリンちゃんが元気なのは何よりです。

☆benchanさん☆
ビックリでしょ~?
ま、今回のコリンちゃんの赤ちゃんが吸収されてしまったかの
真相はわかりませんが、明らかにお腹が小さくなったのは事実です。
だから~そうとしか考えられないんだよね(>_<)
世の中には不思議なことが多いです。
今日もコリンちゃんは元気です!ありがと~(^O^)/


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://prettydogbaby.blog25.fc2.com/tb.php/2089-6827d32a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

終わってしまったのね・・・。 «  | BLOG TOP |  » 次回予告。

おいでやすぅ~♪

プロフィール

プリンまま

Author:プリンまま
☆自家繁殖ヨーキーで
 ドッグショーチャレンジ☆

ブログランキング

参加してみちゃいましたっ!

にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

ポチッと押したってちょーよ!

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

月別アーカイブ

にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック